Amazon Prime

2015/01/08

Amazonの話題が多くて恐縮だが、やはりEコマースの代表格といえばAmazonなので、それなりに話題も豊富である。今回は、Amazon Primeのご紹介。日本でもアマゾンプライムはあるが、アメリカのAmazon Primeは次のような利点があり、若干日本のプログラムと異なる。

  • 1. Prime対象商品を2日間で無料配達
  • 2. Prime Instant Videoにて、4万以上の映画、テレビ番組を無料で見ることができる
  • 3. Prime Musicから100万以上の曲を無料で聞ける
  • 4. Kindle所有者は、70万冊もあるKindleブックから毎月1冊無料で借りることができる
  • 5. 無料で無制限の写真を保存

 

Amazon Prime

これだけの特典が、年間99ドルで得られる。年間99ドルというのは一見高いが、このような特典からそのメンバー数も上昇している。AmazonではPrimeメンバー数を数千万人としか公表していないが、アナリストの分析によれば世界中で5,000万人以上、アメリカ国内だけでも3,000万人から4,000万人がPrimeメンバーのようである。また、1ヶ月間のフリートライアルもあり、昨年末のホリデーシーズンでは約1,000万人がフリートライアルを利用して購入したそうである。

Primeメンバー特典の中でも、特に1の恩恵は大きい。以前もご紹介したことがあるが、東から西まで約4,000km以上もある広大なアメリカでは、オンラインショッピングをしても商品が届くまで1週間から10日ほどかかるのは普通のことである。ちなみに、主なオンラインショップサイトでのアメリカ本土48州での梱包配送費用は、次のような感じとなっている。

ラルフローレン

column0108_02

アバクロンビー & フィッチ

column0108_03_01

最近になってようやく無料配送を取り入れるところも増えてきているが、それでも購入してから短期間で商品を受け取ろうと思うと、それなりに高い配送料を払わなければならない。多種な商品を扱うWalmartでは、50ドル以上購入すると通常配送(6-9営業日)が無料、大手高級百貨店のニーマンマーカスは、顧客からの長年の要望に応じ、2013年10月から通常配送(3-6営業日)を全て無料にしている。が、それ以上早く商品を欲しい場合は、それなりの追加料金を支払わなければならない。

以上からもわかるように、AmazonのPrimeメンバー特典の1にある”2日間で無料配送”はアメリカの消費者にとって、本当にかなりの恩恵なのである。私もこのために年間99ドルを支払っているようなものである。人間の心理として、実店舗まで買いに行ったり、商品を持ち帰ったりすることを考えると、送料無料で2日で届くのだから、なんでもAmazonで購入しようとなるし、その心理状態をくすぐるように、Amazonの品揃えは日用品までカバーするなど多彩になってきている。

Amazonの発表によると、Primeメンバーおよび無料配送プログラム(35ドル以上購入すると通常配送が無料)により、今回のホリデーシーズンで顧客は総計約20億ドルもの配送費用を節約したとのことである。

ところで、年末に注文した商品が2日間で届かないことがあったので、カスタマーサポートに連絡をしたところ、その購入代金を返済してくれた。結局、商品が届いたのは購入4日後だったが、カスタマーサポート担当者の対応の素晴らしさから、ますますAmazon一色のショッピングになっていきそうである。

YAS

YAS

イグレック米国オフィス統括

”日本のよいものを世界へ、世界のよいものを日本へ -Japan to the World, World to Japan”というコンセプトのもと、日本企業のグローバル展開や日本マーケットへのビジネス参入を目指すグローバル企業へのサポートも行う。
同時に、”オンラインマーケティング”、”Eコマース戦略立案”、”ビジネスオペレーション”等に関するビジネスコンサルティングも提供。

ビジネスコンサルタントとして独立前は、オラクルコーポレーションにて日本の戦略パートナーとの世界的戦略提携を実現。1997年に渡米するまでは、外資系IT企業にて営業、営業マネジャーとして活躍。

シリコンバレー在住

最近の投稿

投稿者一覧

komiyama

【専門家】江島民子

株式会社グリーゼ代表取締役 ・日本オンラインショッピング大賞審査員 ・SOHOホームページ大賞審査員 ・全国イーコマース協議会ベストECショップ大賞審査員 ・マイクロソフト社の社会貢献事業「女性起業UPルーム」初代コーディネイター ・非営利団体日本ネットライター協会(JNWA)運営委員長 ・2001年に日経ウーマン誌選出「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」ネット部門7位受賞。 ・日経MJ、雑誌「ネット販売」「インターネットでお店やろうよ」「おとりよせネット」等に、連載・寄稿多数 ◇会社サイトはこちら 株式会社グリーゼ オフィシャルサイト http://gliese.co.jp/ ◇事業サイトはこちら メルマガ制作なら、「コトバの、チカラ」 http://kotoba-no-chikara.com/

etou

【専門家】江藤政親

株式会社ECコンサルカンパニー代表取締役社長。 自ら1999年よりネットショップ運営に携わり、立ち上げ1年半で月商4500万円を達成。 コンサル指導店舗200社を年商1億円以上へ導く。 商店街から一部上場会社まで規模、業界を選ばず、必要に応じて、商品開発、人材教育、入社面接、経営戦略、資金繰り対策とすべての経営スキルに精通。 現場知る情熱的指導法は、定評が高く、会社顧問、コンサルティング、講師として活躍。 サポート実績企業は1000社を超え自ら著書3冊を持つ。 http://jeccica.jp/about/trustee/

miyamatsu

【専門家】宮松利博

株式会社ISSUN(イッスン)代表取締役。 2000年よりEC数社を立ち上げ各賞を受賞、2003年に立ち上げたECを数年で年商20億と急成長させ株式上場、その後、事業の保有株を売却し、シリコンバレー等海外の次世代eコマースの現場を研究。 ソーシャルとの連携による新たなマーケティング手法を確立し、2011年にウェブ制作・マーケティング会社、ISSUNを設立、先細りしつつある従来のマーケティング手法を立て直し「心の通うオンラインマーケティング」で売上改善を果たしている。全国各地でのセミナーやコンサルティングなども手がける。