企業WEB部門

主な職種

組織モデル

企業WEB部門は、サイト全体の制作を外部に出す事が多いため、社内ではページ単位の制作・更新ができるレベルの更新スタッフが必要です。
また、ECサイトと異なり、サイトのゴールが資料請求や問い合わせなど多岐にわたるため、マーケティング視点での分析や提案が行なえるマーケティングスタッフがいるとベストでしょう。

主に必要な人材とスキル

ページ更新スタッフ

サイト全体の制作を外部に依頼すると仮定した場合、社内で主に必要になってくるのは、ページ単位の制作や更新、ニュースの更新やブログの投稿など、日々のサイト更新をスムーズにこなせるサイト更新スタッフになります。
作業効率も良く安定していますので、制作担当のいないWEB部門でボトルネックとなっている部分を改善してくれます。

マーケティングスタッフ

ECサイトの運営成果は売上金額で判断できますが、一般的な企業サイト、BtoBサービスサイトでは資料請求やお問い合わせの件数しか指標がなく、サイト運営や改善成果の判断が難しいものです。
そこで、サイトの成果検証、改善点の発見のためにアクセスログ解析が重視されます。
さらにアクセスログ解析を踏まえて、戦略的なリスティング広告の出稿、サイト改善指示も行います。

ご紹介できるスタッフ・業務例

デザイン・クリエイティブ

・WEBディレクター
・WEBデザイナー
・デザインアシスタント
・コーダー
・写真撮影
・イラスト制作
・メルマガライティング

運営

・ネットショップ店長
・コールセンタースタッフ
・ページ更新
・スケジュール管理
・商品データ入力
・商品登録

マーケティング

・SEO対策
・PPC(リスティング)広告 出稿・管理
・アクセスログ解析
・企画立案・開催

管理

・SNS管理スタッフ
・ブログ管理スタッフ
・カスタマーサポート
・予算管理